落合陽一のツイッター考察

天才・落合陽一さんは、ツイッターで色々な情報を発信しています!

ビジネスやプライベートのトピックを

赤裸々に投稿してくれる落合さん。

更新頻度も高く、

落合陽一さんの多忙なスケジュールから

お茶目な人間性までツイッターを追いかけることで分かっちゃいます!

メディアでは見られない

天才・落合陽一の生活をまとめてみました!

スポンサーリンク




落合陽一のツイッター~プロジェクト編~

常に複数のプロジェクトを同時並行で進めている落合陽一さん。

現在の落合さんをツイッターでチェックしていると、

3つのビックプロジェクトが発信されています。

1つ目は堀江貴文さんとの共著「10年後の仕事図鑑」について。

2つ目はメディアアーティストとしての一面である落合陽一さんの個展

「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」

について。

特に「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」の個展の感想を

多くリツイートしてますね。

普段見てる世界じゃないような、なんか不思議な感じですよね。

解説を読んでも、難しくて分からない部分もある・・

ですが、単純に見た目が美しく、

五感に訴えられる表現なので、何か考えを改めさせてくれますよね。

「山紫水明」というタイトル通り、

日本の幽玄に対する美の価値観や世界観を体現している作品たちは、

見た目が幻想的で美しく、

SNS映えが非常にしますね。

ちなみに創作者本人である落合さんのお気に入りの作品は

プラズマ音の作品

とのこと!

また同時に、落合陽一さんが提唱している

「デジタルネイチャー」

に関する執筆に追われている様子が発信されています。

論文なのか?書籍なのか?

どちらにせよ、

「デジタルネイチャー」は落合さんの考え方のエッセンスが詰まった大本丸。

この執筆がビックプロジェクトであることは間違いないでしょう。

平均睡眠時間3~4時間の落合さんも、

さすがの徹夜にはお疲れのご様子?

身体も心配なところですが、

近日中に「デジタルネイチャー」に関する新たな動きがあると思いますので、

ぜひ注目していきましょう!

スポンサーリンク




落合陽一のツイッター~価値観編~

落合さんは書籍や様々なメディアで

ご自身の知恵や体験、価値観を多く発信されていますが、

ツイッター上でもその天才的な考え方を発信されています。

誰の手によっても編集されていないので、

落合さんの生の声を聴けるメディアとしても貴重です!

テクノロジーとアートに対する考え方。

どちらかの目的を達成するために、

一方を行っているわけではない。

私たちはテクノロジーとアートを分離して、

別ジャンルとして認識してしまいがちですが、

落合さんは両者に違いや境界線はなく、

相互に好影響を及ぼし合っている関係性であることであるのです。

なので例えば、

「メインは研究者ですか?アーティストですか?」

といった質問は、

落合さんに言わせてみればナンセンス、ということになると言えますね。

こうした二刀流的な考え方を理解できないことは、

「近代教育の顕在化」という表現で、

私たちに問いを投げかけています。

続いて、平均睡眠時間3時間、月1回の休日という

超過密スケジュールを日々こなしている落合さんの仕事に対する考え方。

会議や取材や登壇の数が4以下だとお休みの日,
5以上8以下だと暇な日,
10以上だと平日で仕事の日

もはや仕事が4つあってもお休みだという棲み分けをしている落合さん。

さらに、休日も作業をしているので、

「好きなことを仕事にする」

「好きなことに没頭する」

という落合さんが提唱している

「ワークアズライフ」の極みを体現しているライフです!

さらに筑波大学教授という教育者の一面も持つ落合さんは、

学生に対しても金言を多く発信しています。

ありがたいお言葉ですね。

とはいえ落合陽一さんの研究室を卒業される以上、

超がつくほど優秀人材であることは間違いないと言えるでしょうね。

スポンサーリンク




落合陽一のツイッター~プライベート編~

天才・落合さんはツイッターで多くのお子さんの写真を発信されています。

天才はどのようにお子さんを育てているのか?

天才がどのように天才を育てていくのか?

などなど、気になる教育シーン一幕が見ることができますよ!

可愛いですよね~

落合さんもお父さんとしての人間性も伝わって、すごくほっこりします。

とはいえ気になるのが、

お子さんを囲んでいるクリエイティビティ溢れたおもちゃ!

もっと電子的なデバイスに囲まれているのかなと思いきや、

ブロックなどアナログなおもちゃに囲まれているなという印象です。

と思いきや、犬型ロボットのアイボが・・!

なんとロボットの名前は

「AND」と「OR」

独特のネーミングセンスです!

多忙な落合さんも一人の父親なんですね。

息子さんとのすれ違うだけの毎日に対する投稿です。

客観的な分析をしていますが、

その裏には何を思ったのでしょうか??

「天才を育てたい!」

という親御さんはぜひ落合さんの教育レポートをチェックしてみましょう!

落合陽一のツイッター まとめ

本記事では、落合陽一さんのツイッターを

①プロジェクト編
②価値観編
③プライベート編

の観点でまとめてみました。

メディアでは見られない、

貴重な落合さんの生活も分かったうえで、

様々な落合さんの発言を聞いてみると、

落合さんの複雑な考え方をより理解できます。

ぜひチェックしてみましょう!