仰天ニュース カンピロバクターの脅威 10/17

10/17の仰天ニューススペシャルでは、
カンピロバクターの脅威が紹介されました!

鶏肉などの生肉は本当に超危険!?
後遺症続出の食中毒、命の危機を起こすカンピロバクターの脅威に迫ります。

スポンサーリンク




仰天ニュース カンピロバクターの脅威 10/17

カンピロバクターとは菌です。
主に生の鶏肉の中に生息しています。

要は生肉の食中毒ということです。
このカンピロバクターが引き起こす食中毒のことをギランバレー症候群と呼びます。

ギラン・バレー症候群とは、鶏の生肉に多いカンピロバクター菌が原因で起こる

実は結構患者数がいます。
なんとノロウイルスの次に報告患者数が多い、ポピュラーさを誇ります。

新鮮な肉の方がリスクが高いカンピロバクター。
生肉には本当に注意が必要です。

スポンサーリンク




仰天ニュース カンピロバクターの症状は? 10/17

カンピロバクターの食中毒になると、発熱、腹痛、下痢になります。

ひどい場合だと、その数週間後に神経の麻痺が出てきたりで、
入院も数カ月かかってしまうという…後遺症も何年も続く・・なんてことも。

カンピロバクターの食中毒になると、自律神経が攻撃されて神経麻痺が起こる
これによって誤嚥などを起こす
致死率は1~2%
症状は下痢や嘔吐など

3、4日後にこれらの症状が現れる
この症状は、リアルに怖いですね。

カンピロバクターの菌により、手足、身体の力が抜けて寝たきりになるギランバレー症候群になる事が多いです。

スポンサーリンク




仰天ニュース カンピロバクターの脅威 ネットの声は?

鳥刺しなんかは本当に怖いですよね~。
生の鶏肉、生肉の鳥の刺し身、むね肉の完全に火の通っていない赤みの残るお肉は食べないでほしい。

カンピロバクターの菌により、手足、身体の力が抜けて寝たきりになるギランバレー症候群になる事が多い。