日馬富士 優勝。千秋楽で豪栄道を下す

14日目が終了時点で、優勝は3敗の大関豪栄道、4敗の横綱日馬富士に絞られた大相撲秋場所。
豪栄道が日馬富士と千秋楽決戦 勝てば優勝、負ければ決定戦のガチンコ対決へ!

さて、果たして結果はどうなる!?

スポンサーリンク




日馬富士、満身創痍ながらも優勝争いに!

今場所は三横綱と二大関が休場という99年ぶりの異例の場所となりました。
そんな中、一人横綱として一人綱の責任を全うした男、横綱日馬富士!

序盤に3連敗と満身創痍、このまま休場、現役引退まで心配された横綱日馬富士、
優勝をほぼ諦めかけたところから盛り返してきて14日目まで9勝4敗。

首位を走る大関豪栄道に星の差1つと迫り、
千秋楽での直接対決を迎えます。

スポンサーリンク




日馬富士に対して大絶賛の声が多数!

「よくここまで1人で頑張って盛り返してきたよなあ。」
「日馬富士、さすが。最高にカッコいい相撲だったな」

など、怪我を顧みず、横綱の責任を全して優勝争いに加わる日馬富士の姿に
相撲ファンは大絶賛。

大横綱白鵬の偉業に隠れ、常に引退勧告など引退の重圧を迫られる日馬富士ですが、
ここにきて、その横綱としての姿に胸を打たれるファンが続出しています。

スポンサーリンク




日馬富士、優勝を機に引退もあり得る!?

一方で、相撲ファンが密かに懸念する問題は、
優勝するしないに関わらず、日馬富士の「引退の時期」です。

優勝争いを演じ、場所を盛り上げたとはいえ、
平幕相手に3連敗、今場所4個の金星配給。

歴代2位の通算39個目の金星配給という屈辱を更新しました。

4横綱で最高齢33歳日馬富士は、ここ1年優勝から遠ざかり、
両肘両膝に巻くテーピングがかなり痛々しそうです・・

ですが、ご紹介の通り、
日馬富士にはまだまだ引退せず、頑張ってほしいという声が多数ですね。

本人はどうでしょうか。
この場所を盛り上げた功績を潮時として、自身で引退を表明する可能性も十分あると考えられます。

そういった意味でも、場所後の日馬富士のコメントに対しては注意していかなければなりません。

日馬富士 豪栄道を制し優勝へ!

白鵬、稀勢の里、鶴竜、高安、照ノ富士などの3横綱2大関を始め、
注目の上位陣が次々と休場した大相撲秋場所でしたが、
結果的には、ここまでの大盛り上がり。

ここまで盛り上げてくれたのは、阿武咲をはじめとした若手平幕の台頭、
そして横綱、大関としての責任を全うし、優勝争いを演じた日馬富士、豪栄道の奮闘と言えるでしょう。

まとめ

勝てば優勝、負ければ決定戦の豪栄道が日馬富士と千秋楽決戦。

今ノってる状態やし横綱日馬富士か、ここまで首位を守ってきた豪栄道か。
個人的には日馬富士に2連勝してもらい、日馬富士の涙を見てみたい!

千秋楽直接対決、必見です!

追記 結果速報

おわー日馬富士つええ…優勝決定戦だあああ
優勝決定戦へ!!

そして逆転優勝の日馬富士です!
今場所ひとり横綱で気を張ってきた日馬富士の逆転優勝

これで日馬富士の優勝は9回目!
ここ一番の日馬富士の気合いを感じる風景です。日馬富士の気合いが素晴らしい

日馬富士優勝!! やっぱり横綱は強かった・・・ おめでとうございます!!!

関連記事はこちら!

日馬富士に「引退しろ」と望む声。ついに引退か?

日馬富士 ついに引退!2017大相撲

日馬富士に引退勧告!?大相撲9月場所

日馬富士 苦難だらけの優勝へ!大相撲9月場所