日馬富士 ついに引退!2017大相撲

横綱日馬富士(33)は大相撲9月場所10日目終わって6勝4敗。
一人横綱の今場所で4敗目、優勝争いから脱落した。

スポンサーリンク




日馬富士 ついに引退!2017

今場所は休場力士だらけで、しかも10日目、一人横綱の日馬富士が4敗目を喫するという異常な場所。
離れては押しの攻防から貴景勝が叩き込んで初金星!
日馬富士はまたしても平幕に屈し、今場所4個目の金星配給です。
一人横綱として懸命に頑張ってるのは立派だが、優勝はかなり厳しくなってしまった。
両肘両膝に巻くテーピングがかなり痛々しそうです・・

スポンサーリンク




日馬富士 ついに引退!2017

本来なら横綱が序盤で3連敗した時点で途中休場待ったなしとなりますが。
今場所の一人横綱としての責任感の強い日馬富士。

ですが日馬富士は4敗目したことで歴代2番目通算39個目の金星配給に。
日馬富士が金星配給モードになっています。。
日馬富士がかわいそうになってくるという声多数ですね。

スポンサーリンク




日馬富士 ついに引退!2017

横綱審議委員会の北村委員長も

「横綱が全員休んだら、目も当てられない。(日馬富士は)奮起して頑張ってほしい」と、異例のエールを送ります。

日馬富士にはまだまだ現役でいてくれないと困る事情があります。
現在休場中の横綱鶴竜(32)は次に出場するであろう11月場所が正念場だ。
師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が「進退を懸ける」と明言している以上、不甲斐ない成績なら引退は不可避と言えます。

実は満身創痍の日馬富士より、鶴竜の方が引退のピンチなのです!

日馬富士 ついに引退!2017

4横綱で最高齢33歳日馬富士。
ここ1年優勝できておらず、成績が毎場所2桁がやっとというところを見ると、
今場所やりきったところで、体力的にも精神的にも限界が来る可能性大ですね。

日馬富士を休場しないのは、引退の前兆なのかもしれません。

関連記事はこちら!

日馬富士に「引退しろ」と望む声。ついに引退か?

日馬富士 引退後予想!2017大相撲

日馬富士に引退勧告!?大相撲9月場所

日馬富士 苦難だらけの優勝へ!大相撲9月場所