「めちゃイケ!」ついに終了へ! 視聴率低迷の原因はあの発言!?

フジテレビの看板バラエティ番組『めちゃイケ』が来春打ち切り決定したことが明らかに。
改編のたびに何度も“打ち切り候補”に上がっていた『めちゃイケ』でしいたが、ついに脱落。
原因は回復困難な“視聴率の低迷”でした。

スポンサーリンク




「めちゃ×2イケてるッ!」終了へ!

11月4日放送のめちゃイケで来春終了を発表!

めちゃイケ本当に終わるんだね‥‥‥
岡村隆史は絶句「ビックリしてます…」 と絶句。

昔から見ているだけあって、やっぱり寂しいという声もありますね。

スポンサーリンク




終了の原因は“視聴率の低迷”。原因はあの発言!?

フジテレビの看板バラエティとして君臨し続けた『めちゃイケ』。
その全盛期は20%超えなんて当たり前で、
2004年秋のスペシャルでは、33.2%という驚異的な数字を叩き出したり、
27時間テレビのメインを張るなど、フジテレビを象徴する番組でした。

しかし近年は視聴率が激減。
「とうとう打ち切りか むしろ遅すぎるぐらいだと思ってた」
「めちゃイケ終わるのか なんとなくわかってたけど」
と、いつ打ち切りになってもおかしくないと国民が思うくらい深刻な放送状況でした。

この視聴率下落の原因は、
極楽とんぼの山本さんが不祥事を起こしたタイミング、ナインティナイン岡村隆史さんが療養したタイミング
レギュラーメンバーが大増員されたタイミングなど、様々に議論されていますが、
一番の原因は、ナインティナイン岡村隆史さんの

「嫌なら見るな」

発言とも言われています。

スポンサーリンク




「めちゃ×2イケてるッ!」終了へ! 「嫌なら見るな」の背景は?

ネット上でフジテレビを批判する際によく用いられる「嫌なら見るな」
これは2011年、ナインティナインのオールナイトニッポンの生放送中に岡村さんの発言です。

発言の経緯は、当時フジテレビの韓流偏重をTwitterで批判し、所属事務所を解雇された俳優・高岡奏輔の騒動に対して岡村さんが持論を展開したことです。

「見いひんのやったら、見いひんかったらええのよ。ただそれだけのことやのに、それをなんでみんなに言う必要があんのやろなって思ってまうのよね」

この発言が「上から目線」だと大批判。
これを機に「嫌だから見ませんでした」という理由を片手に、「めちゃイケ」離れが始まります。
そしてあれから6年。ついに番組は終了に向かいました。

めちゃイケと同時に、「とんねるずのみなさんのおかげでした」も終了!

深刻な低迷がささやかれるフジテレビは過去の人気番組も次々と終了しています。
代表的なのは、『笑っていいとも!』(2014年3月31日最終回)、『SMAP×SMAP』(2016年12月26日最終回)。

それが「とんねるずのみなさんのおかげでした」

フジテレビを長年支えてきたとんねるずの大人気番組ですが、
こちらも視聴率低迷で、何度も打ち切り説が報じられています。

全盛期はレギュラー番組10本以上もあったとんねるず最後のレギュラー番組ということもあり、
とんねるずの石橋さんは猛反対をしているそうですが、むなしく終了となりました。

「めちゃ×2イケてるッ!」終了へ! 最終回は感動的なフィナーレとなるか?

これだけ大批判の中、打ち切りを迎える「めちゃイケ」ですが、
いざ打ち切りとなると、衝撃や寂しさを抑えられない声も多く上がっています。

20年続いただけあって根強いファンも数多く、記憶に残る想い出のコーナーもたくさんあります。
最後は華々しい、感動的なフィナーレを迎えることを期待しましょう!