グラチャンバレー2017女子 日本VSロシア 9月6日 日本テレビ

グラチャンバレー2017女子2日目 日本対ロシアが9月6日日本テレビで放送されます。
初日は宿敵韓国に3-0と快勝した火の鳥JAPAN。
今日は、中田久美新監督率いる全日本女子はヨーロッパ王者ロシアの高い壁に挑みます!

スポンサーリンク




グラチャンバレー2017女子 初日韓国戦に世間も大注目!

いよいよ開幕したグラチャンバレー2017。初戦の韓国戦にストレート勝ちした中田ジャパンは連勝を賭けて、
ロシアと対戦します。
9月5日の韓国戦は視聴率11・4% 瞬間最高16・6%(スポニチアネックス)と絶好調!
世間の注目度も高いことが現れた数字となりました。

この快勝には世間も大満足ですね。中田新体制に加えて勝利が続けばさらに注目度が上がります。
今日のロシア戦は昨日以上に盛り上がること間違いなしです!

スポンサーリンク




グラチャンバレー2017女子 韓国戦でのニューヒロイン野本選手!

韓国戦で大注目と言えば、最多18得点を挙げた野本選手。
新たなニューヒロイン野本は現在25歳。4年ぶりに代表復帰した野本は、中田新監督が昨季まで指揮した久光製薬の教え子。
昨季終盤に負傷したエースの長岡選手のレフトの定位置を奪取しました。

「全日本のメンバーとして、試合ができることに感謝している。長岡に近づけるくらいの活躍ができたら」

とコメントを残しています。
リオデジャネイロオリンピックに出れなかった遅咲きヒロイン野本選手。
新エースの一角として今日のロシア戦でも縦横無尽な活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク




グラチャンバレー2017女子 応援サポートメンバーは?

グラチャンバレー2017女子2日目。日本VSロシアの応援サポーターには佐藤栞里。
グラチャンサポーターに後藤晴菜
解説に川合俊一、大林素子、竹下佳江の体制でお届けします!
初日は、綾瀬はるかにチュートリアル徳井義実が応援サポーターとして参加していましたが、
今日は名前が載っていません。出演の機会はあるのでしょうか?

そして、グラチャンバレー2017のテーマ曲、ポルノグラフィティの『キング&クイーン/Montage』は9月5日に販売開始。
ポルノグラフィティ通算45枚目の両A面シングルとしてこちらも盛り上げてくれています。

グラチャンバレー2017女子 気になるロシアの実力は?

女子バレーボールのロシアの実力がどれほどなのか気になりますよね。
女子バレーボールのロシア代表はその高い平均身長を武器に、現在ヨーロッパ王者に君臨しています。
世界ランクで言うとロシアは5位。
ちなみに日本は6位で、昨日破った韓国は10位です。
僅かですが、日本の格上となるロシア。実力はほぼ互角と言って良いでしょう。

グラチャンバレー2017初日は、世界王者ブラジルと対戦。
セットカウント1-3でブラジルに敗れています。
初日を制した日本、白星を掴みたいロシアという構図で戦いを迎えます。

昨日とは打って変わり、かなりの大接戦を皆さん予想されています。
中田新体制の真の実力が今日のロシア戦で試されると言えるでしょう。

【追記】
日本とロシアの対戦成績は、なんと27勝78敗!
昔は35連敗を喫したこともあり、ロシアの恐ろしさを実感させる数字となっています。

さらにロシアの選手には、190cm以上の選手がなんと7人!
日本にはほとんどいないことを考えると、名実ともに「ロシアの高い壁」。比喩でもなんでもないですね。。

グラチャンバレー2017女子 日本VSロシア 9月6日 日本テレビ 結果は!?

グラチャンバレー2017女子2日目 日本VSロシアは日本テレビ9月6日は19時00分~20時54分で放送。
最大60分の延長があり、今日は延長を覚悟した方がよさそうです。
気になる結果は、始まり次第追記で更新します!期待しましょう!

追記 グラチャンバレー2017女子 日本VSロシア 実況!

第1セット:25 – 22
第2セット:18 – 25
第3セット:22 – 25

第1セットは先制、幸先の良いスタートを切ったものの、その後2セット連続で奪われてしまいました。
後がない日本。第4セットをものにすることができるのか!?

ちなみにゲストには、水泳の瀬戸大也、沢村一樹、ANZEN漫才のみやぞんとあらぽんが出演しています。
延長が決定したので、「今夜くらべてみました」「過保護のカホコ」は延長となりますね。

追記 グラチャンバレー2017女子 日本VSロシア 結果は1-3で敗北・・!

第4セット:26 – 28

日本が中盤リードしていたのですが、あれよあれよと点差を詰められデュース。
そして奪われてしまいました。。残念です!

惜しい試合だっただけに、悔しい声が相次いでいます。切り替えていくしかありません。

一日休んで、次の相手は世界王者ブラジルです。
これもまた厳しい戦いですね。メダルを取るには、二連敗は避けなければ。
表彰台に立てるよう引き続き応援しましょう!